松井歯科 堺市 中百舌鳥 メール相談
松井歯科 ホームページメニュー

求人情報

ライン ライン ライン

所属・参加学会


日本口腔インプラント学会


日本顎咬合学会


日本歯周病学会


日本歯科審美学会

ライン

参加研修会・セミナー

JIADS
ジアズ 歯科研修所


Study Group
of Implant Consensus

ライン

関連団体等

日本財団
日本財団


日本歯科医師会


ドイツ国際平和村


世界の子どもにワクチンを

HOME >診療MENU > 矯正歯科

RME矯正

顎の骨を広げ、歯sを本来の正しい位置へ導く
RME矯正とは歯に無理な負担をかけずに、顎骨全体の成長を促し、健康な体と美しい歯並びを作っていく治療法です。
特に、歯の交換期(5歳〜9歳)は、咬み合わせを自ら完成させる能力を秘めている時期であり、この時期にRME矯正を始めることで、歯を痛めることもなく矯正後の後戻りしないのが特徴です。


RME矯正のメリット、デメリットについて

【メリット】
・後戻りしない
・成人矯正と比較すると安価
・骨を広げる矯正のため、無理な力を歯にかけずに咬み合わせを作ることができる
【デメリット】
・適応年齢が限られる

こんな症状はありませんか?
歯並びが悪い・寝ているとき、口が開いている・いびきをかく・いつも、ポーっとして口を開けている・姿勢が悪い:前頭位、猫背
寝相が悪い・鼻や耳が悪く耳鼻科の通院をしている・唇が荒れたり切れたりしやすい
風邪を引きやすい・扁桃腺が腫れやすい・おしゃぶりがとれない・落ち着きがない・おねしょがなかなか治らない
アトピー性皮膚炎のような肌をしている・喘息がある・アレルギーがひどい

以上の症状は上顎の成長不足が原因で起こる可能性があります
お子さんやお孫さんは大丈夫でしょうか?該当するものがあれば一度当院までご相談下さいませ。

治療前   治療中   治療後
上顎の成長が少ないために、下顎の前歯が上顎の前歯より前に来てしまっています。将来、受け口になったりガタガタな歯並びになる可能性があり、RME矯正を開始することになりました。   急速拡大装置という矯正装置を入れ上顎を拡大している状態です。拡大することで、永久歯のスペース作りと上下顎の正常な咬み合わせを促します。   上顎を拡大した後の状態です。上下の前歯がキレイに並んでいます。後は自然に永久歯が並んでくれるまで定期的に様子をみていきます。

 

部分矯正

部分的な矯正治療で美しい歯並びに
「前歯の歯並びだけが気になる」「ちょっとした前歯の凹凸や隙間を治したい」という方にオススメなのが、部分矯正です。患者さんの歯並びの状態によっては2〜3本の歯だけの部分矯正だけで、大きく口元の印象が改善されます。


部分矯正のメリット、デメリットについて

【メリット】
・気になる部分だけ整えられる
・比較的短期間での治療が可能(半年〜1年前後)
・成人矯正に比べて安価
【デメリット】
・症例によっては出来ない場合がある

部分矯正はこんな方におすすめ
★前歯のみの歯並びが気になる方 ★歯の脱落後、隣の歯が倒れてしまった方
★できるだけ早く矯正治療を終わらせたい方 ★矯正治療費をできるだけ安く抑えたい方


ミニスクリューインプラントで歯の傾斜を改善させた症例

治療前   治療後

成人矯正

成人矯正とは部分矯正とは異なり歯全体にブラッケットという装置を歯面に付け、歯を理想的な位置に移動させ美しい歯並びを作る治療法です。また、理想的な咬み合わせを作ることで
、咀嚼機能の向上や、虫歯、歯周病になりにくい口腔内へ導くことができます。部分矯正に比べると移動させる歯の本数が多いため治療期間は1年〜3年前後かかります。

成人矯正のメリット、デメリットについて

【メリット】
・成長期以降であれば、年齢に関わらず治療が可能
成長期の治療に比べると歯の移動速度が遅いため矯正治療計画を立てやすい
【デメリット】
・治療終了後、永久固定が必要
・症例によっては抜歯が必要


上顎前歯の歯並びが悪く、2本抜歯をして見た目と咬み合わせを改善した症例

治療前   治療後

矯正治療(RME矯正・部分矯正・成人矯正)の流れ

@カウンセリング

気になることや、不安なことをしっかり伺い、矯正治療についてお話させていただきます。

A検査・診断と治療計画の説明

顔と口の写真撮影、頭蓋骨やあごの骨まで映るレントゲン撮影(部分矯正では必要ないことが多い)、歯の型採りをさせていただきます。検査で得られた結果をもとに計画した、最適な治療内容を写真や模型を使ってわかりやすく詳細にご説明します。

B装置の装着と治療開始

最終決定した治療計画に沿って、必要な矯正装置を装着し、2週間に1回程度の通院(治療段階で通院頻度は前後します)で装置の調整と治療経過の確認をさせていただきます。

C治療終了後のメンテナンス

RME矯正

主要な装置が外れた後は顎の成長が落ち着くまで経過観察が必要となります(必要があれば再度装置を使用しなければならない場合もあります)。

部分矯正・成人矯正

ブラケットが外れた後の歯は、何もしなければ少しずつ以前の状態に戻ろうとします。後戻りを防ぐために、永久固定が必要になります。

 



松井歯科電話